プロフィール

「お前が悪い。」
「こんなこともできないのか。」
「もっとまともな大人になれないのか。」
「なんでも勝手にやるな。俺の許可をとれ。」

 

こんな言葉を言われるのは、全て私が悪いからだと思っていました。

 

次第に私は、相手の顔色を伺いビクビクするようになり、最終的には、”仕事から帰ってきた時の玄関の扉があく音”がするだけで、身体がビクッと反応するほどでした。

 

 

モラハラ夫に支配され続けた13年

 

私は、”モラハラ夫”に支配され続ける生活を13年も送っていました。

モラハラは、日々じわじわと進行していきます。
最初は、モラハラと言うほどの事ではなく、”些細な違和感”程度のことなので、何となく我慢してしまう、私が悪かったのかなと考えてしまいました。
その我慢は、いつの間にか私の癖になり、モラハラ夫の機嫌をうかがうことが体にしみついて、心に苦しさを感じつつもその苦しさの原因がわからず、ただ自分を責めるという日々が続いていました。
私は、正常な判断ができなくなり、モラハラ夫の
  • 「お前が悪い」
  • 「お前のせいでこうなっている」
  • 「もっとまともな大人になれないのか」
という言葉をそのまま受け止め、私が悪いんだと思いこんでしまう状況でした。

 

モラハラ環境は心を殺します

 

私は、もともと明るくて社交的なタイプでした。

どれだけ明るい性格の人でも、モラハラ環境の中で、まるで別人のように変わってしまうこともあります。

 

外では、いつも明るく、きっと幸せそうな家庭を築いているように見えたと思います。
私自身、そういう風に見えるように必死に取り繕いました。

しかし、家庭という閉鎖された空間の中では、私はいつも夫の機嫌を察し、夫の機嫌が悪くならないように先回りをしながら、ビクビク怯える生活をしていたのです。

 

「心が死んでいく」

文字通り、そういう状態でした。

自分がわからなくなりました。
いつも心にぽっかり穴が開いたような気分でした。

漠然とした不安感、強い恐怖感で夜も眠れなくなりました。

 

別れたいのに別れられない苦しみ

 

 

振り返って見ると、”違和感”は、出会った時から沢山あったと思います。

しかし、好きだという気持ちが盲目にさせ、一緒に過ごした時間が長くなっていく分だけ、私は相手に依存していきました。

 

実際に別れようと行動したことは、これまでに3度あります。

そして、2度、私は、別れることに失敗をしています。

 

一緒に居るのが苦しくて、離れたはずなのに、離れると涙が止まらず寂しくて耐えられなくなってしまうのです。

共依存でした。

 

モラハラの克服と依存体質の改善

 

こんな状態でしたから、私が夫と別れるのには、とても大変でした。

相手と離れるのが怖いという自分自身の依存心との戦いでした。

 

モラハラの克服と依存体質の改善、両方からのアプローチが必要でした。

 

モラハラ環境の中で染みついた被害者体質(後遺症)と、もともとの依存体質、両方を克服していくには、時間が必要でした。

モラハラ夫と、離れた後の取り組みこそが重要であったと感じています。

 

というのも、モラハラ夫と離れた後に、連絡を取り合った異性に、あまり健全ではない相手をまた選ぼうとしていたのです。

相手に対して、自ら自分の価値を下げてへりくだる癖であったり、適当な扱いをされても受け入れようとしてみたり、相手からの頻繁な連絡を欲しがったり、根本的な自分の体質が全く変わっていなかったことに驚きました。

 

自分と向き合い続けたからこそ手に入った幸せ

 

「問題の根本解決」と、徹底的に向き合ったからこそ、私は今、モラハラや問題のある相手を選び続けることを繰り返さずに、自分一人で満たされて、安定した状態でいることが出来ています。

 

多くの方は、目の前の問題さえ解決出来たら、終わりだと考えます。

 

心の問題解決は、目に見えにくく、緊急性を感じにくいため、時間とお金をかけてまで、向き合うことの必要性を感じにくいかも知れません。

しかし、健全な心の土台がないことには、本当の意味での安心感や幸せは手に入りません。

 

離婚、修復どちらでもいいのです。

前の前の問題は、問題の根本ではないのです。

 

 

今私は、人生で初めて、自分で選び取った幸せの中で暮らしているなと感じます。

心から笑うことが出来るようになったし、日々、充実感を感じて過ごすことが出来るようになりました。

子供達との関係もとても良好で、笑いの絶えない家族になりました。

何か特別なことがあるわけではない日常を、”楽しいね”と笑える家族、私はただこれが欲しかったのだと思います。

我慢を手放すこと、欲しいもののために行動すること、それを自分に許すこと。

いつからでも出来るようになります。

 

 

私は、13年も使ってしまいました。過ぎてしまった時間は、決して戻ってきません。
もちろん、過去の経験があったからこその、今です。
過去を否定しているわけではありません。ですが、早く抜け出せるなら、早いにこしたことはないと思います。
結婚後よりは、結婚前に気が付けた方が良いです。
出産後よりは、出産前に気が付けた方が良いです。
20年我慢してから気が付くよりは、1年目で気が付けた方が良いです。今、苦しんでいる方が、1秒でも早く気がつくきっかけになれたらと思います。

 

心の根本の問題解決も、出来れば早い方がいいのです。
気が付いたタイミングで向き合っていただきたいなと思います。

早ければ早いほど、その後の人生、幸せに生きられる時間が増えるのですから。

 

はじめまして

 

36歳、2人の男の子のママです。

 

カウンセラーというと、癒し系をイメージされる方も多いかと思いますが、私は、とても明るい性格で、「癒されました」というよりも、「元気が出ました!!」という言葉をいただきます。

元気を受け取ったお客様は、私も驚くほどに、自分でどんどん行動して前に進んでいけるようになります。目が輝き始めます。

心が元気になること、安心することで、次の一歩を進める勇気が出てきます。

お話するのが苦手というかたもご安心ください。私の方から質問しながら進めていくことも可能です。

お客様を見ていると、普段から自分の気持ちや言葉を押し殺す癖がついていて、お話したりてないなと感じるかたがとても多いです。

お友達とカフェでおしゃべりするようなお気持ちで、ご相談くださって大丈夫ですよ。

 

ご相談/お問い合わせはこちらから »

 

・一般財団法人日本能力開発推進協会認定 上級心理カウンセラー

 

 

現実的な問題解決と心の問題解決両方からのアプローチ

 

現実的な問題解決には、具体的な行動が必要です。離婚にしても修復にしても。

しかし、具体的な行動面でのアプローチだけでは、自分の心が置いてきぼりになってしまいます。

 

心の問題と向き合うことは、問題の根本解決へのアプローチです。

ですが、これには、時間が必要です。

 

現実的な問題解決、心の問題解決両方からのアプローチで、短期的な目的と長期的な目標どちらも叶えていくことが可能です。

 

目の前の問題だけを解決しただけでは、形を変えてまた同じような問題が来た時に、行き詰ります。結局は心の問題を解決しなければ、似たような問題を引き寄せてしまうのです。

心の問題だけにフォーカスしていては、目の前の問題解決に時間がかかります。そこにエネルギーをとられていては、本当の意味で自分の心と向き合う余裕もなくなっていきます。

長期カウンセリングプログラムで取り組むのは、両方からのアプローチです。

あなたの心が本当に欲しいものを手に入れてください。

 

 

\毎月5名様限定/
長期カウンセリングプログラムについてはこちら ›

 

タイトルとURLをコピーしました