モラハラ加害者と別れられないあなたへ

コラム
\この記事を書いた人/

年間200件以上のモラハラの
ご相談に乗っています。
「なぜか苦しい」を当たり前にしないでくださいね。

【LINEでご予約】友だち追加

 

✓モラハラから抜け出したい方
✓別れた方がいいのはわかっているのに別れられない方
✓離婚のメンタル的なサポートが欲しい方
”継続的なサポート”を行っております。
♦離婚する勇気が出せた!
♦モラハラ加害者と別れられた!
現状から抜け出したい方は、メール、LINEよりお問合せください。
\この記事を書いた人/

年間200件以上のモラハラの
ご相談に乗っています。
「なぜか苦しい」を当たり前にしないでくださいね。

【LINEでご予約】友だち追加

 

✓モラハラから抜け出したい方
✓別れた方がいいのはわかっているのに別れられない方
✓離婚のメンタル的なサポートが欲しい方
”継続的なサポート”を行っております。
♦離婚する勇気が出せた!
♦モラハラ加害者と別れられた!
現状から抜け出したい方は、メール、LINEよりお問合せください。
別れた方がいいのはわかっているのに別れられない。
相手のよいところばかり思い出されて苦しい。

 

別れを選ぶというのは、とても辛い決断だと思います。

加害を受けて別れた方が良い相手だということがわかっていても、苦しいのです。

 

よい思い出もあった、それもまた事実です。

それだけ相手を好きになれたというのは、とても素敵なことですよ。

 

 

 

モラハラ加害者と別れられないあなたへ

あっこ
あっこ

問題のある相手を好きになってしまって、一緒に居るのが苦しい。けど、好きだから辛くて別れられない。
こういった方は好きじゃなくなってから、別れたいと考えます。
好きなままで離れるという選択があることを知ってください。
一度離れて正常な思考に戻っていく過程で気持ちも整理されていきます。

お互いの関係性が苦しくて、もう別れたいと思っているはずなのに、
いざ別れようと思うと、相手の良いところばかり目についてしまったり、
幸せだった時の思い出ばかり思い出されて後ろ髪を引かれるという思いに、
苦しんでいる方も少なくないかと思います。

 

「一緒に居るのがもう苦しいということは、十分わかっているのに、どうして離れられないのでしょうか?」と涙ながらにご相談にいらっしゃるお客様は多いです。

 

 

それだけの2人の関係性があったし、よい思い出もあったのだと思います。

そう簡単に割り切れるものではありません。

 

 

はじまりは、

「好きだと思った」「素敵だと思った」
気持ちからだったはずですし、幸せな時間があったのも事実ではないかと思います。

 

 

ずっと一緒に居たいな、よい関係で居たいなという思いがあったからこそ、
その願いを叶えられなかったという現実と向き合っていくのは、とても苦しいことでもあります。

 

 

「別れた方がいいのは、十分わかってる。
だけど、別れてしまったら、これまでの私を全て否定してしまうようで苦しいです。」

こうお話される方もいらっしゃいます。

 

 

とっても、苦しいですよね。

 

 

 

ですが、これまでのあなたを否定をする必要はありません。
よい思い出は大切にしておいていいのです。

 

”幸せな時期もあった”これもまた、事実です。

 

 

一緒にいて、楽しかった、嬉しかった、満たされた、幸せだった

という、その時のよい思い出ばかりが、印象づいて、まるでそれが全てだったかのように感じてしまうことがあります。

 

  • もしかして、本当はいい人だったのではないか。
  • 私が悪いからこうなってしまったのではないか。
  • 私がもっとこうしていたら、こんなことにはならなかったのではないか。
  • もしかしたら、今後はうまくやっていけるのかも知れない。

こういった思いが何度も頭の中をぐるぐるします。

 

ですが、あなたが別れたいと思うほどの、辛い関係性があることも事実なのです。

本当にいい人だったのなら、あなたを傷つけるようなことは言わないし、暴言を吐くこともありません。

 

 

相手はどういう人なのか、思い出だけではなく、今の事実を見ていく必要があります。

それは、とても苦しいことかも知れませんが、あなたの幸せのために必要なことでもあります。

少しずつ、今出来る一歩から、がんばりましょうね。

タイトルとURLをコピーしました