「浮気はしたけど、本当に愛しているのはお前だけ。」

コラム
\この記事を書いた人/

年間200件以上のモラハラの
ご相談に乗っています。
「なぜか苦しい」を当たり前にしないでくださいね。

【LINEでご予約】友だち追加

 

✓モラハラから抜け出したい方
✓別れた方がいいのはわかっているのに別れられない方
✓離婚のメンタル的なサポートが欲しい方
”継続的なサポート”を行っております。
♦離婚する勇気が出せた!
♦モラハラ加害者と別れられた!
現状から抜け出したい方は、メール、LINEよりお問合せください。
\この記事を書いた人/

年間200件以上のモラハラの
ご相談に乗っています。
「なぜか苦しい」を当たり前にしないでくださいね。

【LINEでご予約】友だち追加

 

✓モラハラから抜け出したい方
✓別れた方がいいのはわかっているのに別れられない方
✓離婚のメンタル的なサポートが欲しい方
”継続的なサポート”を行っております。
♦離婚する勇気が出せた!
♦モラハラ加害者と別れられた!
現状から抜け出したい方は、メール、LINEよりお問合せください。
都合のよい言葉を受け入れてしまっていないでしょうか?

 

 

「浮気はしたけど、本当に愛しているのはお前だけ。」

「浮気はしたけど、本当に愛しているのはお前だけ。」

とても都合の良すぎる言葉ですね。

 

このような都合のよい言葉を受け入れてしまわないでくださいね。

 

 

 

浮気だけに限らず、

「怒鳴ってしまうのは、お前のためを思ってだ。」

「ついカッとなって殴ってしまうけど、俺にはお前しかいないんだ。」

 

 

これらの言葉には、加害者側の視点しかないということに気が付いているでしょうか?

 

相手を思いやる視点がすっぽり抜けています。

自分のことしか考えていないのです。

 

 

浮気される、怒鳴られる、殴られる。

された方は、どれだけ苦しい思いを抱えているでしょう。

 

「お前のため」「本当に愛しているのは」という言葉でうやむやにされていいものではありません。

 

少しでも他者視点があれば、そうされてしまった相手を想う気持ちがあったのなら、相手がどれだけ傷ついているかということを想像するのは、そう難しい事ではないはずです。

 

 

「あなたのため」という言葉を使い、まるであなたの味方であるかのようなポジションをとりに来ていますが、そもそも、加害(浮気、暴力、暴言など)が無ければ、傷つけられることも無かったのです。

相手の行動が矛盾しているということに気が付いていきましょうね。

 

 

あわせてお伝えしておきたいのが、平気で嘘をつける人もいるということです。

 

 

私のお客様も含めてですが、心が優しくて真面目な方が多いので、嘘をつくということが出来ない方が多いです。

自分が嘘をつけないので、相手も同じように嘘を受けないだろうという前提で見てしまいます。

 

ですが、何の罪悪感もなく、その場限りの言葉を言える人もいるのです。

 

 

例えば、「浮気はしたけど、本当に愛しているのはお前だけ。」

このブログの題にした言葉ですが、愛してなくても、全く大事に思ってなくても、その場を切り抜けるためにこういった言葉を言える人もいるということです。

 

 

 

 

もちろん、あなたのパートナーがそういう人かどうかはわかりませんし、誠実な人もいますので、嘘を疑いすぎるというのも良くありません。

 

ですが、そういう人もいるというのは、知っておいてくださいね。

 

 

 

いずれにしても、、、

「浮気はしたけど、本当に愛しているのはお前だけ。」

 

こんな都合のいい言葉を言えてしまう人だということです。

 

 

事実を見ていくというのは、時に辛いこともありますが、自分のために、今向き合えるものには、向きあえっていけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました