【離婚準備】モラハラ加害者と離婚するために知っておいてほしいこと

モラハラ対策
離婚を考えた時に準備しておくことは?
相手のモラハラを理由に離婚はできますか?
離婚について不利な条件を提示されて困っている。

 

多くの場合、モラハラ加害者との離婚はそう簡単にはいきません。

一方的に話し合いを拒否されてしまったり、不当に不利な条件を提示されてしまったり、とても困った事態に追い込まれてしまう人が多くいらっしゃいます。

 

今回は、あなたの離婚が不利にならないために、離婚準備で知っておいてほしいことについて、お話していきます。

 

 

 

離婚までのプロセス

実際に離婚できるまでには、どのようなプロセスがあるのでしょうか。離婚までの流れについて説明します。

 

①離婚協議ー話し合いをする

まずは、離婚については、話し合いをすることになると思います。

ただし、モラハラの場合は、離婚を素直に受け入れない、認めない人が多く、怒鳴ってきたり、人格否定をされたり、話し合いができない状態になるならば、それ以上無理をしないようにしてください。

 

 

②別居する

話し合いをしても応じてもらえない場合、まずは別居することをおすすめします。
特に、モラハラ加害者が離婚に反対している場合、さらにモラハラが悪化する場合もあります。

精神的な安全を確保するためにも別居しましょう。

 

 

③離婚調停、婚姻費用分担調停をする

話し合いでの離婚ができない場合、離婚調停にて、離婚協議をすることになります。

後述しますが、モラハラがあったことの証拠をしっかり準備しておいてくださいね。

 

また、結婚している夫婦が別居する場合、相手に婚姻費用を請求することができます。

請求できる婚姻費用の金額については、下記サイトにて確認ください。
https://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/index.html

 

 

④離婚裁判を申し立てる

調停でも相手が離婚に応じない場合は、裁判にて離婚を争うことになります。

離婚裁判の場合は、法律が定める離婚の原因(民法770条1項各号)が夫婦間に存在するかどうかが問われます。

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復の見込みの無い強度の精神病
  5. その他、婚姻を継続しがたい重大な事由
    (性格の不一致・暴力・性的異常・浪費・犯罪など)

この段階まで来ると、弁護士さんへ依頼した方がいいでしょう。

 

 

モラハラ加害者と離婚するためにやるべきこと

 

モラハラ加害者と離婚したいと思ったら、話し合いをする前に、準備しておいて欲しいことがあります。

モラハラは便がたつ人が多く、なんの準備もなく話し合いをしてしまっては、丸め込まれてしまったり、不利な条件で離婚させられてしまう可能性が高いです。

 

モラハラ被害者さんは、素直で真面目なタイプが多いので、まずは相手と話し合いをしようと動いてしまう人が多いのですが、なんの準備もなく、話し合いをしてもうまく行かないことの方が多いです。

 

あなたの離婚の意思が決まっているのなら、モラハラ加害者との離婚で大事なのは、水面下での下準備です。

 

 

やるべきこと①モラハラにあったことの証拠を準備する

多くの場合、モラハラ夫との離婚は双方の協議ですんなり進むという事は少ないです。
モラハラをしていたことを認めない可能性も高いでしょう。

調停や裁判を視野にいれ、証拠をしっかり準備しておきましょう。

以下は、モラハラの証拠の取り方の例です。

 

  1. 言動を録音する
  2. メールやLINEデータの保存
  3. 日記
  4. SNSの画像

 

 

 

財産の把握

夫婦共有財産がどのくらいあるのか、財産分与するとしたら、どのような内訳になりそうなのか、所有財産を書き出して確認してください。

できれば、どのような内訳で財産分与したいか、先回りして書き出しておきましょう。

また、共有財産だけでなく、個人の財産についても書き出し、離婚後どの程度の経済力や蓄えで生活していけそうか、シミュレーションしておくことで、不安が少なくなります。

 

財産分与が請求できる夫婦の共有財産としては、基本的には結婚後に取得した財産となります。以下のようなものがあります。

 

  • マイホーム、マイカー
  • 預貯金
  • 年金
  • 不動産
  • 有価証券
  • 家具家電
  • 退職金(離婚した時点で退職したと仮定した場合受け取れる退職金の半分)

 

また、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借金)についても、財産分与の対象となります。
マイホームのローンや、マイカーローン等です。

 

 

弁護士の無料相談

実際に弁護士を利用するかどうかは別として、無料相談は一度利用してください。

準備したモラハラの証拠が証拠として認められそうかどうか。
財産分与について、書き出した分で法的に認められそうかどうか。

また、離婚戦略について、大まかにこのように戦っていったらいいですよなどのアドバイスもくれます。

弁護士さんというと、敷居が高い感じがしますが、思っているよりもずっと気軽に相談に行くことが可能です。準備には、念には念をいれておきましょう。

 

その他、細かい部分で準備が必要なことは、カウンセリングの中でもその人に合わせて必要な事をお伝えしています。

私自身が、実際にやったこと、やっておけばよかったなと思ったことなど、お伝え出来ることは沢山あります。

ご希望の方は、一度お問合せください。

 

「出来る限り穏便に、双方の話し合いで解決したい。」と、考える人も多いと思います。

もちろん、そう出来るにこしたことはありません。
出来る限りそう出来るように努力をすることはいいと思います。ですが、結果的にそう出来るかどうかは、相手次第でもあります。

どうしても話し合いが成立しない、相手が逆上していきなり調停に申し立てをされるというケースもあります。
ですから、離婚の準備については、最悪を想定した時に必要だと思われることを先回りしてやっておくくらいがちょうどいいと思います。

 

 

感情的になって行動しないように注意してくださいね。

計画性がなく、話し合いを始めた結果、感情的になり、家を飛び出してしまい、そのまま家に帰れなくなるというケースもあります。

 

別れる時にこそ、相手の本性というのは、見えてくるものです。

これほどまでにかと思うほど、理不尽な要求を突きつけられたり、意地悪をされることもあります。

感情的に動いてしまっては、どんどん不利な状況に追い込まれていく可能性があるので、注意してくださいね。

 

 

モラハラとはどんな行為?

 

どんな行為がモラハラとあてはまるのか、今されていることはモラハラとして認められそうなのか理解しておきましょう。

 

 

モラハラ夫の15の特徴

以下は、モラハラ加害者によく見られる15の特徴です。
もしも、当てはまる項目が多い場合、あなたの夫はモラハラ気質であるかも知れないと疑ったほうがいいでしょう。

  1. 暴言を吐いて人格否定をする
  2. 見下した態度や言葉
  3. 相手を脅して不安な気持ちにさせる
  4. 平気で嘘をつく
  5. 自分の非を認めない
  6. モラハラ被害者を異常に束縛する
  7. 生活費を渡さない
  8. 無視をし続ける
  9. 相手の失敗を責め続ける
  10. 態度で相手を威圧する
  11. 外面がよく第三者の前では愛想よく振舞う
  12. 物に当たる
  13. 責任転嫁し人のせいにする
  14. ストレスがたまるとイライラし出す
  15. 離婚や経済力、子供を利用して脅す

 

 

 

離婚するべきか悩んだ時は、ご相談ください

 

弁護士さんは、法律的なサポートはしてくれますが、心のケアはしてくれません。

日常的に人格否定をされ続けた被害者は、自己肯定感が下がり、自尊心が傷つきます。
自分にどんどん自信がなくなり、自分で決めて行動するということができなくなっていくのです。

 

私自身、弁護士さんへの無料相談は何度か利用しました。
親身になって相談に乗ってはいただきましたが、「そこまでしてやるかどうかは、あなた次第です。」と最後の決断を求められた時に、「やります。」と言えませんでした。

 

自分の決断に自信が持てなくなっていたのです。

 

離婚したい、もう一緒の生活は嫌だ、苦しいと願う一方で、

  • 本当に離婚してやっていけるのか。
  • 離婚してもいいのか。

離婚することが不安で、決断できませんでした。

 

離婚を決断するためには、モラハラによる洗脳の解除と、認知の歪みの改善、被害者体質を抜けることが必要です。

離婚の準備と同時進行で、もしくは、離婚の準備の前に、心のケアが必要なのです。

 

特に、モラハラ加害者と共依存の状態に陥っている場合、相手から離れるのは、そう簡単な事ではありません。

頭では離れた方がいいとわかっていても、心の苦しさに負けて、戻ってしまうのです。

 

私は、一度別居したのにも関わらず、戻ってしまったという経験があります。

モラハラ加害者との離婚には、モラハラの洗脳解除と被害者体質の改善、共依存から抜け出していくための心のケアが必要不可欠なのです。

 

 

心当たりのある方、心当たりがなくても心の苦しさを抱えている方は、無料相談メールも受け付けております。

 

「何から話したらいいかわからない」という方も多いですが、「何から話したらいいかわからないです。」とそのまま送ってくださって大丈夫ですよ。

 

ご相談/お問合せはこちらから >

 

タイトルとURLをコピーしました