【モラハラ環境】「〇〇になったら別れたい」と決断を先延ばしにしてしまうあなたへ

モラハラコラム
もう少しお金が貯まったら、、、
子供が大きくなったら、、、
もっと仕事が出来るようになったら、、、

 

「〇〇になったら別れたい。」

 

という考えが浮かんだ時、「本当に〇〇にならないと別れられないのか?」

と、一度考えて欲しいのです。

 

 

 

「〇〇になったら別れたい」と決断を先延ばしにしてしまうあなたへ

 

 

〇〇になったら別れたい。

こう考えてしまうこと自体が、モラハラによる洗脳の結果かも知れません。

 

〇〇になったら別れたい。

ということは、「今は別れられない。」ということの裏返しでもあるのです。

 

 

皆さん、様々なご事情があります。

 

 

例えば、お子様がいらっしゃる方ですと、お子様の進学や就職のタイミングなど、
ある程度そういったことも考慮して、”〇〇までは別れない”という選択をすることも、
戦略的な選択の1つであると思います。

 

”必要があってタイミングをはかっている”というのは、とても大切なことです。

 

 

こういった場合の「〇〇になったら」というのは、
その理由にその人なりの根拠があるのです。

 

 

 

一方で「〇〇になったら別れたい」の〇〇の理由にあまり根拠のないケースがあります。

感情的な要素が強すぎるケースです。

 

例えば以下のような理由です。

  • もう少しお金が貯まったら、、、
  • 子供が大きくなったら、、、
  • もっと仕事が出来るようになったら、、、

一見、正当な理由かのようにも思えますが、期限が漠然としています。

 

「もう少しお金が貯まったら」

というのは、具体的に”いくら”を目指しているのか。
毎月いくら貯めることが出来て、何年後に目標を達成出来て、計画を実行するのか。

こういったところまで具体性を持っているのであれば、その人なりの根拠があると言えますが、そうではない場合、根拠があってタイミングをはかっているとは言えないのではないかと思うのです。

 

 

こういった人の場合、先に「別れられない」という思い込みがあり、
後付けでそれっぽい理由を探してきているという可能性もあります。

 

こういった方の「〇〇になったら」は、

その〇〇になったとしても、他の△△という理由を探し出して、動けなくなってしまう方が多いです。

 

 

これまで、何度も浮気をされてきたという実績があるのに、
「次に浮気したら離婚する」としている場合も同じケースかも知れません。

「次に浮気をしたら離婚すると約束をしていたのに浮気をされました。」と、
ご相談にいらっしゃいます。

 

 

”〇〇になったら”の部分に感情的要素が多すぎる場合、
〇〇になっても、動けずに悩む方が多いのです。

この場合、問題の根本は、浮気を繰り返す相手ではないのです。

 

 

 

問題は根本からの解決を目指さなくては、
結局は相手を変え、場所を変え、同じようなことが繰り返されます。

 

”〇〇になったら”と決めたなら、その〇〇が来た時には、行動出来る強さを持ってくださいね。

相手にそれを宣言している場合は、なおさらです。

 

許してしまうと、何をしても許されるのだと相手も本当の意味で反省することはないかと思います。

 

 

”〇〇になったら”

強い覚悟を持ってきめていても、いざその時がくると、怖くなってしまうものです。

急に別れられない他の理由を探し始めてしまいます。

 

それだけ、モラハラの洗脳から抜け出して離れるということは、難しいことでもあります。

 

 

「もっと早くあの時に、、、」と後悔される方が一人でも少なくなるといいなと願います。

 

 

 

\初回相談無料/
お問合せフォームはこちら »

 

【LINEでご予約】友だち追加

 

\問題の根本解決に取り組みたい方/
長期個別セッション »

タイトルとURLをコピーしました