パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害

女性のモラハラと境界性パーソナリティ障害(BPD)(境界性人格障害)【5つの特徴と対策】

♦感情のコントロールがきかず、度を越した感情の起伏がある。 ♦人間関係が安定しない。 ♦衝動的な行動にはしりやすい。 ♦見捨てられ不安が激しい。 最近では、女性のモラハラも増えてきています。 (増えてきているというより...
自己愛性パーソナリティ障害

モラハラと自己愛性パーソナリティ障害(自己愛性人格障害)【8つの特徴と12のチェックリスト】

自己愛性パーソナリティー障害の人は、自分は特別な存在だと感じ、他人からの注目や賞賛を求める反面、他人からの非難に過敏で傷つきやすい人というように言われています。これがモラハラという症状で現れ、自分を常に正当化し、それを他者にも強要し、共感性を欠いた行動をとります。自己愛性パーソナリティ障害者とモラハラ被害者は、まるで、磁石のS極とM極のように真逆の特性を持ち、真逆だからこそ、惹かれ合ってしまうという性質を持っています。自己愛性パーソナリティー障害について理解を深め、そういった相手とは離れることで自分を守ることができます。
タイトルとURLをコピーしました