モラハラとは?

モラハラとは?

モラハラ加害者による罪悪感の植え付けと責任転嫁

♦いつの間にか自分が悪い事にされてしまっている。 ♦いつの間にか、相手の思い通りに動かされている。 ♦罪悪感ばかりを感じて、心が痛い。 モラハラ加害者は、たくみに心理操作をして、あなたに罪悪感を植え付けます。 責任転嫁を...
モラハラとは?

【モラハラに洗脳されないために】モラハラによる洗脳の3つの進行段階

モラハラは時に肉体的暴力よりも心身に深い傷を与えることすらあります。心の苦しさを感じつつも、モラハラかどうか自信が持てず、カウンセリングで相談することを大袈裟かなと悩んでいる方が居るのなら、知っておいて欲しいことがあります。 もしも、それがモラハラでなかったとしても、あなたの心が苦しいという事実があります。その事実に目を向けてください。 カウンセリングを受けてくださった方は皆さん「もっと早く相談したらよかった。」「もっと早く気づけたらよかった。」とおっしゃいます。モラハラは我慢し続けて解決することは、ありません。
モラハラとは?

【モラハラの4つの進行段階】最初は優しいモラハラ加害者が豹変する理由

最初から、酷い人だと知って、結婚する人、お付き合いする人は居ません。モラハラ加害者は、最初はとても優しい人に感じられることが多いです。自己肯定感の低いタイプの方には、この優しさがとても嬉しく感じられるでしょうし、人を疑うことを知らないタイプの方は、素直にこの優しさを信じることでしょう。また、時にモラハラ加害者の自己中心的な一面は、自信があって頼りがいのある人のようにも見えます。相手の心をしっかりつかんだと確信した時から、モラハラが開始します。モラハラは何も対策をしなければ、悪化していくことの方が多いです。
モラハラとは?

【DVとモラハラの違い】DVの種類とその具体例、モラハラとDVの違いとは?

♦DV、モラハラって何? ♦DVとモラハラってどう違う? 目に見えるDV(暴力)は、本人も自覚がしやすいですし、周りの人からも発見しやすい反面、目に見えない心に傷を与えるモラハラは、軽視されやすいように感じていま...
モラハラとは?

家庭内でおこるモラハラの怖さ

家庭でおこるモラハラの怖さ 家庭でおこるモラハラが怖い一番の理由は、それが他人に知られることがない密室でおこなわれることです。 モラハラ加害者は外面が良く、また付き合ったばかりのころや新婚の時期はパートナーにも優しい一面があ...
モラハラとは?

【モラルハラスメント】モラハラ加害者の心理とは?

カップルや夫婦などの間におこる、言葉や態度での暴力、精神的な嫌がらせなどがモラルハラスメント(通称モラハラ)です。 モラハラ加害者はどういった心理で、モラハラをするのでしょうか?モラハラ加害者は、外面がよく、表面的には、優しい人、穏やかな雰囲気をまとっていることもあり、周囲やご近所での評判も良い人もいます。付き合いはじめや新婚の時期には、パートナーに対してもこのような穏やかな良い面を見せていることが多いので、まさかモラハラだとは思わなかったという方も多いのではないでしょうか。優しいと思っていた人が突然モラハラを始める。モラハラ加害者の心理について解説します。
モラハラとは?

【モラハラチェックリスト付き】家庭内で起こるモラハラの15の具体例と実際にあった5つの事例

モラハラ夫の15の具体例 1.暴言を吐いて人格否定をする 2.見下した態度や言葉 3.相手を脅して不安な気持ちにさせる 4.平気で嘘をつく 5.自分の非を認めない 6.妻を異常に束縛する 7.生活費を渡さない 8.無視をし続ける 9.相手の失敗を責め続ける 10.態度で相手を威圧する 11.外面がよく第三者の前では愛想よく振舞う 12.物に当たる 13.責任転嫁し人のせいにする 14.ストレスがたまるとイライラし出す 15.離婚や経済力、子供を利用して脅す モラハラは外面がよく、周りからは評判が良い人が多いので、自分の前でだけ豹変する夫に妻は、本当に自分が悪いんじゃないかと思い込みやすいですし、周りに相談しても、信じてもらえないことが多いのです。 家庭内という閉鎖された空間でおこるからこそ、気づきにくく深刻化しやすいという特性があります。
タイトルとURLをコピーしました