女性のモラハラと境界性パーソナリティ障害(BPD)(境界性人格障害)【5つの特徴と対策】

境界性パーソナリティ障害
感情のコントロールがきかず、度を越した感情の起伏がある。
人間関係が安定しない。
衝動的な行動にはしりやすい。
見捨てられ不安が激しい。

 

最近では、女性のモラハラも増えてきています。

(増えてきているというよりは、顕在化してきているという表現の方がもしかすると正しいのかも知れませんね。)

 

やはり男性の方が、女性に比べて相談に来ることへのハードルが高いのではないかと思います。

 

女性のモラハラの場合、その原因の1つに、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)が隠れている場合があります。

 

 

境界性パーソナリティ障害の人は、感情のコントロールが出来ず不安定で、激昂したかと思えば、急に泣き出すなど、周りに居る人はとても振り回されます。

 

この記事では、境界性パーソナリティ障害について、まとめました。

現状を知ることが、まずは大きな一歩です。

 

\個別の状況についてはご相談ください/
 ご相談/お問い合わせはこちら »

\モラハラの克服に/
長期プログラムはこちら »

 

境界性パーソナリティ障害(BPD)(境界性人格障害)とは?

 

境界性パーソナリティ障害は、境界性人格障害とも呼ばれていますが、現在では、境界性パーソナリティ障害と呼ぶのが主流となっていて、この記事でも境界性パーソナリティ障害という表現でお話していきます。

 

境界性パーソナリティ障害の人は、感情のコントロールがきかず、度を越した感情の起伏があり、人間関係においても、好きになったかと思えば、些細なことで急に相手のことが嫌いになったりと、極端で、長期的に安定した関係性を作るということが難しい傾向にあります。

 

些細なことで、尋常ではない怒り方をするので、こういった特徴が、モラハラ的な行動に繋がっています。

 

 

境界性パーソナリティ障害の7割が女性と言われています。

男性にも境界性パーソナリティ障害がないわけではないのですが、女性に多いというのも特徴の1つです。

 

あっこ
あっこ

双極性障害や発達障害など、似たような症状がある場合もあります。安易な決めつけはせず、疑われる場合は、医師の診断を受けてくださいね。

 

 

 

境界性パーソナリティ障害の5つの特徴

 

①人間関係の変動が激しく、安定した関係性を作ることができない

恋愛だけでなく、友人関係であったり、職場での人間関係であっても、感情の起伏の激しさから、安定した健全な関係性を作ることが難しい傾向にあります。

少し仲良くなると、過度に期待をしてくっついてくる一方で、些細なことで勝手に幻滅し(自分の理想通りでなかった)、急に冷めてしまい、その関係性を終わらせます。

 

すんなり終わりにしてくれたらいいのですが、場合によっては、勝手に怒り出して攻撃をしてくるような場合もあります。

良い方向へも悪い方向へも極端な行動をします。

 

②感情のコントロールがきかず起伏が激しい

「幸せ」「楽しい」と感じていたかと思うと、急に「人生終わり」「自分は何て不幸なんだ」と極端な感情の揺れ動きをします。

激しく怒ったかと思ったら、急に泣き出し、傷つきやすいという一面もあります。

 

③見捨てられ不安が強い

見捨てられるということに対して、強い不安感を持っているので、見捨てられないために、過剰なほど努力したり相手に尽くします。

友人関係、恋人関係とわず、相手に必要とされたいという思いから、相手に過度に親切にしたりします。

出会った初期は、思いやりのある人、親切な人だと勘違いしてしまう人も居るかも知れません。

しかし、自分が尽くした分だけ、相手からも感謝や愛情がないと満足できず、急に手のひらかえして攻撃してくる場合もあります。

 

④依存的な行動にはしりやすい

アルコール依存、買い物依存、セックス依存、過食など、依存的な行動にはしりやすいです。

 

⑤慢性的な空虚感を持っている

どこか心にぽっかりと穴があいているかのような、慢性的な空虚感を持っています。

 

 

境界性パーソナリティ障害の原因

 

境界性パーソナリティ障害の原因は、様々なものがあります。

  • 脳の機能的な原因
  • 女性ホルモンの変動
  • 遺伝
  • 成育歴

などです。

 

成育歴については、特に母親の影響は大きいとされています。

虐待やネグレクトにより、母親が愛情をしめしてくれなかった、また母親自身が、鬱や不安障害など精神的に不安定であったなどです。

 

もちろん、こういった成育歴にあった人の全てが、境界性パーソナリティ障害になるわけではありません。

 

 

境界性パーソナリティ障害の人との関り方

 

これまでお話してきたように、境界性パーソナリティ障害の人は、とても感情の起伏が激しく、周りに居る人は、巻き込まれて振り回されてしまうことが多いです。

衝動的で極端な行動に出ることがあるので、”普通”の感覚でいると、その行動にとても理解できないという感覚かと思います。

 

職場の人間関係ならば、自然と距離をとっていく、相手にとって心理的に近い存在にならないことがいいでしょう。

 

夫婦や恋人など、距離の近い付き合いになってしまった方は、振り回されることは多いでしょうし、見捨てられ不安から、あなたへの攻撃はますます強くなる可能性もあります。

自殺企図やほのめかし、また自傷行為をおこなう場合もあり、これらの行動をあなたをコントロールするために使うこともあります。

ここまでくると、とても危険です。

あなたが支えようと思って、支えられる相手ではありません。

 

 

こういった人の側に居る人は、支えなければというある種の義務感であったり、「あなたのせい」という言葉に洗脳されてしまっている可能性もあります。

また、離れることが難しい状況に追い込まれているということもあるかと思います。

 

しかし、このままではあなたの心が壊れてしまいます。

あなたが精神疾患になってしまう前に離れる方法を考えていきましょう。

 

あっこ
あっこ

いつでもあなたの気持ちに寄り添って、お話を聞かせていただきます。
女性に被害を受けている方にとって、女性が怖い存在であるかのようにイメージが出来上がってしまっている方もいらっしゃいます。

”女性”がそうなのではなく、”今の相手”に問題があったのです。

 

思いやりがある人、優しい人も沢山います。

私とのお話を通じて、女性に対する間違ったイメージも払拭するきっかけになれたらと思います。

 

 

\初回相談無料/
 ご相談/お問い合わせはこちら »

 

タイトルとURLをコピーしました