あっこ

恋愛依存

恋愛依存症とは?恋愛依存症10のチェックリストと克服方法

恋愛依存症の10の特徴 ①少しでも連絡がないと過度に不安になる ②一日中相手のことばかり考えている ③相手を生活の中心にしてしまう ④一人の時間を過ごせない ⑤何でも彼氏の好みに合わせる ⑥愛されているという証を欲しがる ⑦見捨てられることを考えて不安になる ⑧過度に寂しさを感じやすい ⑨別れた方がいいと感じているのに別れられない ⑩愛されていないと自分の存在価値はないような気がする
モラハラコラム

【モラハラ加害者による価値観の押し付け】話し合いという名の脅迫

モラハラ加害者との話し合いの場を設けたところで、建設的な話し合いにはなりません。モラハラ加害者の言う話し合いとは、「俺の意見に従え。」なので、被害者の意見や気持ちが尊重されることはありません。自分の価値観や考え方を一方的に押し付けて、相手の言葉を受け入れず、相手の感情を受け入れず、責任を相手に押し付けるという行為は、話し合いとは言えませんね。
モラハラコラム

【モラハラ加害者の迷言】「悪気はない」は、反省してない

モラハラ夫(モラハラ加害者)の問題行動について話し合っていたはずなのに、気が付けばあなたが悪いことにされていて、怒鳴られている、説教をされているということはありませんか?屁理屈やこじつけで一方的に責められ、気が付けば何について話し合っていたかわからない状況を作られていませんか?モラハラ夫(モラハラ加害者)と話し合いをしたと気に「悪気はない」「俺なりにやっている」と言う時は、本当の意味では反省していないと思ってください。「俺が悪いと思っている。でもな、、、」と続くなら、そのあとは、責任転嫁と問題のすり替えで、あなたを悪者にしようとしています。反省できていない証拠です。
サイトマップ

サイトマップ

ご相談/お問合せ

ご相談/お問合せ

ご相談/お問合せは、下記フォームよりお願いいたします。 ※お問合せフォームへのメールアドレスの入力間違いが増えてます。 お問合せフォームより、お問合せを送信後、自動配信メールにて受付完了メールが配信されます。...
モラハラとは?

【モラハラ対策】相手の土俵にのらない会話術ポイント3つ

モラハラ攻撃が無くなる、モラハラ攻撃が和らぐ、もしくは、モラハラスイッチを押さないような対策方法の1つです。 悪いのは相手の方なのに、なぜ相手を正そうとしてはいけないのか、なぜ相手に共感しなくてはいけないのか、、、悔しさのような感情がわく方もいるでしょう。 ですが、これまでそうしてきてうまくいっていないのであれば、一度真逆をやって欲しいのです。
カウンセリング

【モラハラ克服/離婚問題/夫婦関係修復/恋愛依存克服】長期個別セッション詳細

モラハラ環境というのは、とても特殊です。実際に被害にあった人でないとわからない苦しみがあります。モラハラの克服には、長い間のモラハラ環境の中で出来上がった、間違った思い込み(セルフイメージ)を変えていく必要があります。間違った思い込み(セルフイメージ)を変えていくことが、行動の変化にも繋がります。行動の変化は関係性の変化に繋がっていきます。一人で悩まず、まずは一度ご相談ください。
モラハラとは?

【モラハラに洗脳されないために】モラハラによる洗脳の3つの進行段階

モラハラは時に肉体的暴力よりも心身に深い傷を与えることすらあります。心の苦しさを感じつつも、モラハラかどうか自信が持てず、カウンセリングで相談することを大袈裟かなと悩んでいる方が居るのなら、知っておいて欲しいことがあります。 もしも、それがモラハラでなかったとしても、あなたの心が苦しいという事実があります。その事実に目を向けてください。 カウンセリングを受けてくださった方は皆さん「もっと早く相談したらよかった。」「もっと早く気づけたらよかった。」とおっしゃいます。モラハラは我慢し続けて解決することは、ありません。
モラハラとは?

【モラハラの4つの進行段階】最初は優しいモラハラ加害者が豹変する理由

最初から、酷い人だと知って、結婚する人、お付き合いする人は居ません。モラハラ加害者は、最初はとても優しい人に感じられることが多いです。自己肯定感の低いタイプの方には、この優しさがとても嬉しく感じられるでしょうし、人を疑うことを知らないタイプの方は、素直にこの優しさを信じることでしょう。また、時にモラハラ加害者の自己中心的な一面は、自信があって頼りがいのある人のようにも見えます。相手の心をしっかりつかんだと確信した時から、モラハラが開始します。モラハラは何も対策をしなければ、悪化していくことの方が多いです。
お客様の声

お客様の声

お客様の声 今まで人に助けを求めることをあまりしてこなかったなと、あっこさんとのメールのやりとりで気付かされました。 つらい時につらいと言えなかった。自分一人でどうにかするしかないと思っていた。人に迷惑をかけてしまうという気...
タイトルとURLをコピーしました