モラハラ被害者になりやすいアダルトチルドレン(AC)とは?【原因とチェックリスト】

アダルトチルドレン(AC)

自分に自信が持てない。
いつも周りの顔色を伺ってしまう。
誰かに認められないと存在価値がないように思えてしまう。
主体的に行動出来ない。

 

もしかすると、アダルトチルドレン(AC)かも知れません。

 

アダルトチルドレンは様々な生きにくさの原因になり、モラハラ加害者のような”問題のある相手”を引き寄せやすくなってしまいます。

 

アダルトチルドレンとは、何か?

記事の最後にはチェックリストも準備しました。少しでも心当たりのある方は、一度チェックしてみてください。

 

\個別の状況についてはご相談ください/
 ご相談/お問い合わせはこちら »

\モラハラの克服に/
長期プログラムはこちら »

 

 

 

モラハラ被害者になりやすいアダルトチルドレン(AC)とは?

アダルトチルドレン(AC)とは、機能不全家族で育ち、それが原因で大人になっても生きづらさを抱えている人のことを言います。

チルドレンという言葉から、「中身が子供の人」という意味だと誤解されることもありますが、そうではありません。

 

子供の時に、子供らしくいられなかった人がなりやすいです。

子供らしく、我儘を言ったり、甘えたり、親に助けてもらったり、安心できる場所をもらうことが出来ず、大人で居ることを求められた人です。

 

 

【アダルトチルドレンの原因】機能不全家族とは?

機能不全家族とは、正常な機能を果たしていない家庭のことです。

  • 虐待
  • 依存症(アルコール依存、恋愛依存、共依存など)
  • 両親、家族間の不仲
  • 過保護、過干渉
  • ネグレクト
  • 親の心が過度に不安定であった

などがあり、子供にとって心の安全が確保されていない家庭のことです。

 

家族とは、本来、子供にとって、安心安全な場所です。

親から守られることで安心を感じ、安定した心が作られていきます。
親から愛を受けることで、愛を知ります。
親から受け入れられることで、自分で自分を受け入れられるようになります。

親に甘える時期にしっかり甘えることで、成長にともなって、次第に自立へと成長していきます。
自分の意思を持って、自分の人生を切り開きはじめるのです。

 

こういった、家族としての大切な機能を果たせていない家族が、機能不全家族と呼ばれます。

十分な愛情を受けられず、十分に守られず、十分な安全を感じられないままに成長してしまうと、成人してからも子供時代の心的外傷に苦しみ続けることになってしまいます。

 

これがアダルトチルドレンです。

 

 

機能不全家族で育った子供の傾向

機能不全家族で育った子供には以下のような傾向があります。

  • 必要以上に従順である
  • 家庭の中と外で態度が違う
  • 相手の気持ちがわからない
  • 相手の顔色を過度に伺う
  • 嘘をよくつく
  • 暴力的、もしくは暴力に鈍感
  • どなり声などの大きな声に敏感に反応する

いかがでしょうか?

モラハラ加害者の持つ特徴に当てはまる部分もあれば、
モラハラ被害者の持つ特徴に当てはまる部分もあります。

 

アダルトチルドレン(AC)は、モラハラ加害者にもなりやすく、モラハラ被害者にもなりやすいのです。

 

 

生きにくさの原因はアダルトチルドレン(AC)が原因かも

まだ、一人で生きていけない子供にとって、親や家庭の存在は大きいものです。

健全な家庭では、親は子供に対して無償の愛で接しています。
無償の愛を受けて育つことで、子供は安心して成長していくことができます。

 

ですが、機能不全家族の親は、条件付きの愛で接したり、場合によっては愛が無かったりします。
すると、子供は、なんとか親の愛を得ようと親の機嫌をとるようにふるまったり、気に入られるようにふるまいます。

 

親の機嫌ばかりを取っていると、

  • 自分の感情がわからない
  • 自分には価値がないと思っている
  • 誰かに依存しやすい
  • 常に相手の顔色を伺ってしまう
  • ありのままの自分を出せない
  • 自分に自信が持てない
  • 自分に対して過度に悪い評価をする
  • 楽しむのが下手
  • 健全な人間関係を築きにくい
  • 他人から認められたいという感情が強い
  • 居場所がなく、孤独感を感じやすい

など、大人になっても色々な弊害に苦しみます。

 

子供時代に、安心安全な居場所を与えられず、ありのままの自分を受け入れてもらう経験が出来なかった人にとって、年齢的に大人になったからといって急に自立を求められるのは酷な話です。

自立するためには、甘えることが必要な時期にしっかり甘えることが必要なのです。

こういった人には、カウンセリングを安心安全でありのままの自分を受け入れてもらえる場所として利用していただいています。ありのままの自分を受け入れてもらえて、安心することで、自然と自立へと向かうことが出来るようになります。

 

あっこ
あっこ

カウンセリングだからと、肩に力を入れずに、お気軽にお話をしに来てくださいね。
時々、あえてただの雑談をすることがあります。雑談をする相手すら居なかった、雑談をして笑い合えるような環境すらなかったという人もいらっしゃいます。
長い間モラハラ環境にいた人にとっては、ビクビクせずに楽しんで会話できるというだけで、とても気持ちが楽になります。
自然と、心も元気になっていきます。

 

\初回無料/
 ご相談/お問い合わせはこちら »

\問題の根本解決に/
長期プログラムはこちら »

 

 

【生きやすさを手に入れるために】アダルトチルドレンを克服するには

誰しも、時には、自分に自信がなくなってしまったり、他人の目が気になったり、上記のような心の状態、行動をすることはあると思います。

これに当てはまったからといって、必ずしもアダルトチルドレン(AC)であると言い切れるものでもありません。

 

ですが、上記のようなことに多く当てはまり、それで生きにくさや心の苦しさを感じていて、実生活がうまくいっていないとお悩みをかかえているのであれば、

アダルトチルドレン(AC)であるかどうかにかかわらず、改善していくことで、今よりも生きやすさを手に入れることができます。

 

また、モラハラで苦しんでいる人の中には、もともとはあまり気になっていなかったけれども、モラハラに苦しめられるうちに、上記の苦しい症状が目立ってきてしまうということもあります。

多くの場合、モラハラ加害者との関係を改善していく中で、心の状態もよくなっていきます。

 

 

自分で自分を愛すること、自分で自分を満たすことが出来ない人が多いなと感じます。

アダルトチルドレンの人は、周りの目を伺って、周りに求められているであろうことを察して行動してきた人が多いです。

すると、自分のことが一番わからなくなります。

自分のことがわからないと、自分を愛すること、自分を満たすことが出来ません。

 

自分で自分を満たすことが出来ず、他人に満たしてもらおうとすると、依存になります。
健全な人は、依存をしてくる人と一緒に居ようと思わないので、自然とモラハラ加害者のような酷い相手と一緒にいることになります。

 

 

 

「オレンジジュース」と言ってみる。こういう小さなところから一歩ずつです。

小さなところと言いましたが、これまで言えなかった人にとっては、とても大きなハードルです。

 

あっこ
あっこ

お客様の中には、「怖くて言えません。」とお話される人がいます。
ですが、勇気を出して挑戦できるタイミングがきます。
「とても無理だと思っていたけど、出来ました!」とお話してくださるお客様を見ていると私も嬉しくなります。
自分のために頑張れたという経験が自信に繋がりますし、自分を大切にできているという実感が出来ていきます。
もちろん、アダルトチルドレンの克服にも繋がっていきます。

 

 

アダルトチルドレンチェックリスト

  1. 自分に自信がない
  2. 自分にたいして、過度に厳しい(悪い)評価をする
  3. 自分は生きている価値がないと思う
  4. 物事を最後までやり遂げることが難しい
  5. 親密な人間関係を持てない
  6. 誉め言葉を受け取りにくい
  7. 居場所がなく孤独感を感じる
  8. 他人から認められたいという感情が強い
  9. アルコールや買い物、薬、恋愛などに依存している
  10. 他人の目が気になる
  11. 被害者妄想に陥りやすい
  12. 変化に弱い
  13. 自己が確立していない
  14. コミュニケーション技術に乏しい
  15. 自己が確立していない

 

チェックリストが全てではありません。

もしも、当てはまらなくても、何かしらの苦しさを感じているのなら、あなたの心の声は、無視しないであげてくださいね。

 

\初回無料/
 ご相談/お問い合わせはこちら »

 

ご相談に来てくださったのをきっかけに、モラハラ加害者との関係性だけでなく、親子間の関係性についても改善されていく方が多くいらっしゃいます。
問題の根本は、目の前のモラハラ加害者ではなく、親子間にあるケースも多いのです。問題だと思って悩んでいた事の解決策は、思っていたところと全く違うところにあります。
同じ問題を繰り返さないために、問題の根本の解決に目を向けていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました