2020-12

モラハラコラム

【モラハラ加害者による価値観の押し付け】話し合いという名の脅迫

モラハラ加害者との話し合いの場を設けたところで、建設的な話し合いにはなりません。モラハラ加害者の言う話し合いとは、「俺の意見に従え。」なので、被害者の意見や気持ちが尊重されることはありません。自分の価値観や考え方を一方的に押し付けて、相手の言葉を受け入れず、相手の感情を受け入れず、責任を相手に押し付けるという行為は、話し合いとは言えませんね。
モラハラコラム

【モラハラ加害者の迷言】「悪気はない」は、反省してない

モラハラ夫(モラハラ加害者)の問題行動について話し合っていたはずなのに、気が付けばあなたが悪いことにされていて、怒鳴られている、説教をされているということはありませんか?屁理屈やこじつけで一方的に責められ、気が付けば何について話し合っていたかわからない状況を作られていませんか?モラハラ夫(モラハラ加害者)と話し合いをしたと気に「悪気はない」「俺なりにやっている」と言う時は、本当の意味では反省していないと思ってください。「俺が悪いと思っている。でもな、、、」と続くなら、そのあとは、責任転嫁と問題のすり替えで、あなたを悪者にしようとしています。反省できていない証拠です。
サイトマップ

サイトマップ

ご相談/お問合せ

ご相談/お問合せ

ご相談/お問合せは、下記フォームよりお願いいたします。 ※お問合せフォームへのメールアドレスの入力間違いが増えてます。 お問合せフォームより、お問合せを送信後、自動配信メールにて受付完了メールが配信されます。...
モラハラとは?

【モラハラ対策】相手の土俵にのらない会話術ポイント3つ

モラハラ攻撃が無くなる、モラハラ攻撃が和らぐ、もしくは、モラハラスイッチを押さないような対策方法の1つです。 悪いのは相手の方なのに、なぜ相手を正そうとしてはいけないのか、なぜ相手に共感しなくてはいけないのか、、、悔しさのような感情がわく方もいるでしょう。 ですが、これまでそうしてきてうまくいっていないのであれば、一度真逆をやって欲しいのです。
タイトルとURLをコピーしました